【柔軟性は何に活きる?】身体の柔らかい子が向いているスポーツ・習い事おすすめ5選とメリットデメリット

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

【柔軟性は何に活きる?】身体の柔らかい子が向いているスポーツ・習い事おすすめ5選とメリットデメリット 子供の習い事

「生まれつき身体が柔らかい」子ってたまにいるんですよね。通常、毎日欠かさずストレッチして徐々に徐々に柔らかくしていく努力が必要不可欠なもの。生まれつき柔らかさが備わっているのであれば、活かさない手はありませんよね!この記事では、身体の柔らかさを最大限に活かせるおすすめの習い事5選をご紹介します。

柔らかさを生かすための前提として

柔軟性は、どの競技(スポーツ)やダンスをするにも、必要不可欠な要素です。身体の稼働領域が広くなりますからね。ですから、言ってしまえばどんなスポーツにも活きるんです。

そんな柔らかさが初めから備わっているなんて、羨ましい限り!

ただ、柔軟性だけでは上達しないというのもまた真実。

柔軟な身体を支える筋肉、そして身体全体のバランスを保つ体幹、そして、そのトレーニングにもまた地道な努力が必要となります。

また、せっかく柔らかい身体も、運動不足・ストレッチ不足が続けば加齢と共に自然と硬くなってしまいます。

柔軟性を特に活かせる習い事1:バレエ

習い事としてのバレエのメリット

  • 正しい姿勢が身に付く
  • 普段の身のこなしまでも美しくなる
  • 教室数が多いので比較的選べることが多い
  • 新体操やフィギュアスケート等様々な競技にバレエの基礎が組み込まれているため、色々な競技に活かせる

日本のバレエ人口は世界一と言われるくらい多いのに、男性バレエダンサー(バレリーノ)は非常~に人数が少ないので、引く手あまた!!業界でかなり優遇されるらしいっす。

習い事としてのバレエのデメリット

  • 発表会費用が10万円を超えるのは普通
  • バレエは芸術であるため、採点基準が分かりにくい
  • コンクールで受賞するとお礼を包んで渡す(高額)風習もあり蓋をあけるのが怖い側面がある
  • 上を目指すと、見た目(プロポーション)がかなり重要

柔軟性を特に活かせる習い事2:新体操

習い事としての新体操のメリット

  • 正しい姿勢が身に付く
  • リボンやクラブなど、魅力的な手具が使える
  • アクロバティックな技ができるようになる
  • 体育のマット競技お手本確定
  • 様々な音楽も一緒に楽しめる
  • 個人競技も団体競技も楽しむことができる

男子新体操、みたことあります?すごーーーく格好良いんすよ。手具は、女子のリボン、フープ、ボールがなく、代わりにスティック・リングがあるんすよ。

\ あわせて読みたい! /

習い事としての新体操のデメリット

  • スポーツなので、バレエほどの華やかさ/豪華さはない
  • あの技を週1のレッスンでできるようになると思わない方が良い(難易度高)
  • 本番環境が整う場所が少ない(天井の高さ・本番用マット等)ため、本格的にやりたいとなった時に誰もができるわけではない
  • 上を目指すと、見た目(プロポーション)がかなり重要
  • 芸術観点の評価もあるので、白黒が分かりにくいグレーな部分もある
  • 公立学校に部活としてあることはほぼない
  • バレエの要素がかなり重要になってくるため、場合によっては両方習う必要がある
  • 衣装の準備が非常に大変(手間・費用共に)である

柔軟性を特に活かせる習い事3:体操

習い事としての体操のメリット

  • 正しい姿勢が身に付く
  • 小柄なほうがむしろ有利
  • アクロバティックな技ができるようになる
  • 体育のマット競技お手本確定
  • 新体操よりもスポーツ色が強く格好良さがある
  • 比較的習える場所が多い

習い事としての体操のデメリット

  • 音楽に合わせて踊る等はないので、華やかさは新体操より劣る
  • 男女ともに筋肉質になることを覚悟
  • 高身長の場合は不利になる可能性がある
  • 公立中学校に部活としてあることはほぼない
  • 新体操やフィギュア程ではないが、衣装の準備が大変(手間・費用共に)である

柔軟性を特に活かせる習い事4:チアリーディング/チアダンス

チアリーディングはアクロバティックなジャンプや回転技を伴い高い身体能力が求められるスポーツ競技で、チアダンスはダンス競技。チアダンスの歴史はまだ浅く、チアリーディングから派生したものなんすよ。ポンポンを持って踊るやつっすね!因みに、英語で「チアダンス」は✕。「song leading」や「pom dance」と表現するらしいっす。

習い事としてのチアリーディング/チアダンスのメリット

  • 正しい姿勢が身に付く
  • チーム競技のため、協調性が身に付く
  • ポジティブ精神に基づいた競技で明るい
  • 可愛く魅力的でかつスポーツの格好良さもある

習い事としてのチアリーディング/チアダンスのデメリット

  • 公立中学校に部活としてあることはほぼない
  • 教室数が比較的少ない
  • 一人ではできない
  • 日本では女子特有のスポーツと思われがちである(起源は男性であり、もちろん男子チアもある)
  • プロに進みたいとなった場合、活躍する場所が比較的危険(飲酒可能・撮影可能)

柔軟性を特に活かせる習い事5:フィギュアスケート

習い事としてのフィギュアスケートのメリット

  • 正しい姿勢が身に付く
  • とにかく圧倒的に華やか
  • やってるだけで「スゴイ・・・!」となる

習い事としてのフィギュアスケートのデメリット

  • バレエの要素がかなり重要になってくるため、場合によっては両方習う必要がある
  • 練習場所がかなり限られる
  • 教室数が少ない
  • 衣装の準備が非常に大変(手間・費用共に)である
  • 芸術観点の評価もあるので、白黒が分かりにくいグレーな部分もある
  • 公立中学校に部活としてあることはない
  • レッスン費用や場所代はあらゆるスポーツの中でもダントツで高額

柔軟性を活かせる習い事番外編:各種ダンス教室

他にも、各種ダンスも柔軟性を存分に活かすことができます。ダンスには非常に様々な種類があるため、近くにはどんなダンス教室があるのかリサーチして、そこから絞って行っても良いですね。

比較的メジャーなジャズダンスやヒップホップダンス、社交ダンスの他にも、ベリーダンスやフラダンス、フラメンコやなど海外発祥のダンスなど、選択肢は想像以上に沢山ありますよ。

社交ダンス界でも男性ダンサーは引っ張りだこらしいっす!!

まとめ

いかがでしたか?

「これぞ!」というものがありましたでしょうか?

柔軟性を最大限に活かすとなると、どちらかというと「魅せる」ものになりますね。しかし、冒頭でもお話した通り、柔軟性はどのスポーツでも非常に大切な要素。野球選手のあの大谷選手もイチロー選手だってとても柔らかいのです。

柔らかい×運動神経が良い

柔らかい×スタイルが良い

柔らかい×リズム感が良い

等、他の要素と掛け合わせて適性を見つけるのも良さそうですね。

「こんなはずじゃなかった」なんて後悔されることないよう、是非今だけでなく長い目で見たメリット・デメリットも併せ、それを把握した上で始めることをおすすめいたします。

皆さんが、得意を活かして輝けますように!

タイトルとURLをコピーしました